実習・フィルタの設計と実践

実習・フィルタの設計と実践
―― アナログ・フィルタとディジタル・フィルタの設計方法と実装法

  

【開催日】2018年10月13日(土) 10:00-17:00 1日コース
【セミナNo.】ES18-0110  【受講料】22,000円(税込)
【会場】東京・巣鴨 CQ出版社セミナ・ルーム [地図]
セミナ会場

 数kHzから数GHzまでの,アナログ・フィルタに関して,設計理論から実際具体的な設計方法と,実装方法に関する話題を解説するセミナである.なおセミナに参加された方には,LC設計フィルタのソフトを無料で提供.また,さまざまなディジタル・フィルタの設計方法,実装などを解説する.
 本セミナでは,設計理論と,実際の素子を使った実装方法,マイクロストリップラインを使った実装方法などを説明.フィルタの実装の場合は,使われれる周波数帯によって,実装方法が全く異なる.数MHzのフィルタでは,理論的設計値をそのまま使っても,たいがいはうまくいく.しかし,周波数が高くなるにつれて,素子が単純なリアクタンスでは表せなくなり,プリント・パターンの影響なども強くでてくる.それぞれの周波数帯での設計,実装方法に関して説明する.ディジタル・フィルタでは,標準的なFIR・IIRフィルタに加え,さまざまなディジタル変調用のフィルタ,カルマン・フィルタなどの説明と実装方法に関して解説する.

※本講座は,同講師による「実習・アナログ・フィルタの設計と実践」を改編したものです.

1.はじめに
 1.1 さまざまなフィルタ
 1.2 アナログとディジタル・フィルタ
 1.3 フィルタ設計理論と実際
 1.4 理論的設計と実装との乖離
 1.5 目的別の設計方法
2.アナログ・フィルタ
 2.1 LCフィルタ設計理論
 2.2 100kHz以下のフィルタの設計と実装
 2.3 100kHz~100MHzのフィルタの設計と実装
 2.4 100MHz~400MHzのフィルタの設計と実装
 2.5 マイクロストリップライン・フィルタ
 2.6 400MHz~2GHzのフィルタの設計と実装
 2.7 2GHz以上のフィルタの設計と実装
 2.8 共振型フィルタ
 2.9 組み合わせフィルタ
3.ディジタル・フィルタ
 3.1 ディジタル・フィルタの分類
 3.2 FIRフィルタの設計と実装
 3.3 IIRフィルタの設計と実装
 3.4 CICフィルタの設計と実装
 3.5 CCIフィルタの設計と実装
 3.6 ヒルベルト・フィルタの設計と実装
 3.7 ガウシアン・フィルタの設計と実装
 3.8 ナイキスト・フィルタの設計と実装
 3.9 適応フィルタ
 3.10 ウエーブディジタル・フィルタ
 3.11 カルマン・フィルタ

●対象聴講者
・フィルタに興味がある方
・実際に設計実装する技術を学びたい方
・フィルタの基礎知識を得たい人

●講演の目標
・さまざまな周波数帯でのフィルタの設計技術と,実装技術の習得
・マイクロストリップラインを使った,フィルタの理論と実装技術の習得
・さまざまな目的に合ったディジタル・フィルタを設計し,実装する技術の習得


【受講者が持参するもの】
ノート・パソコン(WinXP,Win7,Win8,Win10.32ビット/64ビットいずれも可)をご持参ください.
貸し出しも可能です.貸し出しを希望される方は,10/10までに,事務局にメールでご連絡ください.

【講師】
西村 芳一 氏〔株式会社エーオーアール 九州R&D 取締役部長〕
 1977年 ソニー(株)入社 厚木工場にて放送機器の開発. 1992年 タスコ電機(株)入社 無線のデータモデム,静止画モデムの開発. 2000年 (株)エーオーアール入社 広帯域受信機の開発 現在に至る.


参加申し込み

このセミナに参加する

Webからのお申し込み

  以下の「参加申し込み」ボタンをクリックしてください.参加申し込みフォームを開きます.

参加申し込み

FAXやE-mailでのお申し込み

  Webの参加申し込みフォーム以外の申し込み方法をご希望の方は こちらのページ をご確認ください.

このセミナのタグ情報
各タグをクリックすると,類似するセミナの一覧を表示します.

コース

 1日コース

カテゴリ

 回路・電子部品
 基板・ノイズ

シリーズ

 

特徴

 演習あり
 実習

キーワード

 アナログ
 ディジタル信号処理
 開発手法
 技術教育
 研究開発
 高周波
 伝送技術
 電磁界

セミナ事務局からのお知らせ

・受講料割引券として使えるメンバーズ・カードの利用規約が変わりました.