実習・組み込みリアルタイムOS μT-Kernel「超」入門

実習・組み込みリアルタイムOS μT-Kernel「超」入門
―― 16bitマイコンRL78/G14搭載マイコン・ボードC-Firstで学ぶ

  

【開催日】2020年9月16日(水) ~ 2020年9月17日(木) 10:00-17:00 2日コース
【セミナNo.】ES20-0080  【受講料】43,000円(税込)
【会場】東京・巣鴨 CQ出版社2Fセミナ・ルーム [地図]
セミナ会場

 現在、組み込みシステムのソフトウェア開発は、複雑かつ多様化するシステムに対応するため、リアルタイムOSを搭載する事例が増えている。また、IoT時代に対応したセンサ・ネットワークの構築にも、組み込みリアルタイムOSは欠かせない存在となっている。
 本講義の目標は、組み込みリアルタイムOSの最新仕様であるμT-Kernelの機能を理解し、タスク数個の簡単なシステムが構築できる知識を習得することである。
 実習ではC-FirstボードとArduino仕様の7セグメントLEDシールドをハードウェア・ターゲットとし、ルネサス エレクトロニクス社の統合開発環境CS+用にポーティングされたμT-Kernelのソース・コードを使用する。
 また、μT-Kernelのカスタマイズ方法やデバッグ環境の構築についても、解説を行う。

*本セミナは、以前開催されたセミナ「実習・組み込みリアルタイムOS入門」とほぼ同じ内容です。

●対象聴講者
・これから組み込み系リアルタイムOSを始める方
・μT-Kernelの機能を理解したい方
・C-First用にポーティングされたμT-Kernelの使い方を知りたい方
★C言語の基本的な文法は理解していることが前提となります

●講演の目標
・組み込み系リアルタイムOSの概要が理解できる
・μT-Kernelの機能が理解できる
・μT-Kernelを使った簡単なシステム設計ができるようになる

●内容
1 リアルタイムOS(μT-Kernel)の概要(2.0時間)
 1.1 組み込み系リアルタイムOSに求められるもの
 1.2 組み込み系リアルタイムOSの最新仕様μT-Kernelの概要

2 タスクのスケジューリング方式(1.5時間)
 2.1 タスクの状態遷移とレディキュー
 2.2 タスクの状態遷移
 2.3 システム・コールのコーディング例

3 タスク管理機能とタスク付属同期機能(1.0時間)
 3.1 tk_sta_tskとtk_ext_tsk
 3.2 tk_wup_tskとtx_slp_tsk
 3.3 起床要求のキューイング

4 イベント・フラグ(1.0時間)
 4.1 イベント・フラグの概要
 4.2 tk_set_flgとtk_wai_flg
 4.3 イベント・フラグによるデータの受け渡し

5 メール・ボックス(1.0時間)
 5.1 メール・ボックスの概要
 5.2 メッセージのフォーマット形式
 5.3 tk_snd_mbxとtk_rcv_mbx

6 メッセージ・バッファ(1.0時間)
 6.1 メール・ボックスの概要
 6.2 tk_snd_mbfとtk_rcv_mbf

7 総合演習(2.0時間)
 7.1 ボリュームのA/D変換とLEDのダイナミック点灯
 7.2 システム・コールの選択とコーディング

8 その他の機能(1.5時間)
 8.1 セマフォ-とミューテックス
 8.2 固定長メモリ・プールと可変長メモリ・プール
 8.3 周期ハンドラとアラーム・ハンドラ

実習で使用するC-Firstボードと7セグLEDシールド
実習で使用するC-Firstボードと7セグLEDシールド

スタック見積ツールの画面
スタック見積ツールの画面

開発環境のサンプル画面
開発環境のサンプル画面


【受講者が持参するもの】
・C-Firstボード、USBケーブル
 C-Firstボードの入手先例
1. CQ出版社から: 基板付きキット 絵解き マイコンCプログラミング教科書
2. マルツエレックから:センサ&マイコン搭載実習基板 C-First【MTG-CF-MB】

※7セグLEDシールドは事務局で用意します。
※実習に使用するノートPCは事務局で用意しますが、自分のノートPCを使用されたい方は、9月14日までにメールでご連絡ください。実習で使用するソース・プログラムは、セミナ終了後、当社サーバ経由で提供いたします。

【講師】
鹿取 祐二 氏〔トロンフォーラム学術・教育WG講師 〕
 ルネサス半導体トレーニングセンターにて,マイコン,C言語,リアルタイムOSのセミナー講師を約25年間担当.ルネサス退社後は,組み込みシステム関係の書籍を執筆する傍ら,トロンフォーラム学術・教育WGのメンバーとして,リアルタイムOSのセミナー講師として活動中.


参加申し込み

このセミナに参加する

Webからのお申し込み

  以下の「参加申し込み」ボタンをクリックしてください.参加申し込みフォームを開きます.

参加申し込み

FAXやE-mailでのお申し込み

  Webの参加申し込みフォーム以外の申し込み方法をご希望の方は こちらのページ をご確認ください.

過去に受講された方のコメント

  • 他のリアルタイムOSとの違いを知ることができた.(40代,ソフト開発エンジニア)
  • 組み込みの基礎をリアルタイムOSを通して学ぶために参加しました.基礎を学べ,満足しました.(30代,ソフト開発エンジニア)
  • 組み込みOSの経験がなかったので,セマフォ,イベントフラグ,メールボックスの実際の使い方を知ることができ良かったです.実習を通して理解が深まりました.(40代,装置/機器開発)
このセミナのタグ情報
各タグをクリックすると,類似するセミナの一覧を表示します.

コース

 2日コース

カテゴリ

 組み込みシステム
 半導体デバイス

シリーズ

 

特徴

 演習あり
 実習

キーワード

 OS
 コンピュータ
 ソフトウェア
 ボード
 リアルタイム
 開発環境
 技術教育

セミナ事務局からのお知らせ

・オンラインセミナを始めました(2020/5/21).

キャンセルの規定が変わりました(2020/2/21).