実習・Node-RED x Raspberry Piでチャレンジ!IoT電子工作

実習・Node-RED x Raspberry Piでチャレンジ!IoT電子工作
―― ハードウェア制御付きネット対応アプリを簡単構築

   

【開催日】2021年7月10日(土) 10:00-17:00 1日コース
【セミナNo.】ES21-0040  【受講料】30,000円(税込)
【会場】東京・巣鴨 CQ出版社2Fセミナ・ルーム [地図]
セミナ会場

 ネットワークアプリを手軽に素早く開発できるNode-REDは、注目の開発ツールである。本セミナでは、Node-REDを使って電子工作を楽しむ方法を実習形式で解説する。
 Raspberry Piに簡単なハードウェアを追加した環境を使い、Node-REDのノードと簡単なプログラム作成だけで実習する。
 基本のGPIOの制御、PWM制御、ネットワークを使ったアプリ応用など多くの要素を実習する。

※実習内容に半田付けはありません。

●対象聴講者
・Node-REDとはどんなものかを知りたい方
・Node-REDを実際に使ってみたい方
・Node-REDでどんな電子工作ができるかを知りたい方

●講演の目標
・Node-REDの使い方を習得する
・Node-REDでかなり高度な電子工作が簡単にできることを体感する
・Raspberry Piの使い方を習得する

●内容
1. Node-REDの概要
  機能と基本ノードや用語の解説

2. 実習1 Raspberry PiとGPIOの制御
  Raspberry Piとハード、ソフトの説明
  フローの作成方法、LED点滅

3.実習2 Dashboardの使い方1
  パレットの管理、レイアウト設定
  ボタン、スライダの使い方

4. 実習3 Dashboardの使い方2
  センサとの接続とグラフ作成

5. 実習4 ネットワークとアプリの応用1
  インターネットラジオ

6. 実習5 ネットワークとアプリの応用2
  時刻と気象情報の読み上げ

RF-code
実習環境の外観。Raspberry Pi上のボードは持ち帰りできます

RF-code
インターネットラジオのフロー


【受講者が持参するもの】
・Raspberry Pi(ケースは不要)
 3B、3B+、4Bのいずれか。4Bの場合、放熱器取付済みであること。
・Raspberry Pi用電源(ACアダプタ)
・Raspberry Pi用イヤホン
※OSを書き込んだmicroSDカードは事務局で用意します。

【講師】
後閑 哲也 氏〔有限会社 マイクロチップ・デザインラボ 代表〕
 1971年に東北大学卒業後,大手通信機メーカにて各種の制御装置を開発.2003年有限会社マイクロチップ・デザインラボを設立.マイコンや計測制御システムの開発コンサルタント,セミナ講師,非常勤講師,書籍執筆などを継続


このセミナの参加募集について

 募集は終了いたしました 


類似するセミナをお探しの場合
以下にある「このセミナのタグ情報」の中から,ご希望のタグをお選び下さい. お選びいただいたセミナと同じタグ情報を持つセミナを一覧表示します.

このセミナのタグ情報
各タグをクリックすると,類似するセミナの一覧を表示します.

コース

 1日コース

カテゴリ

 組み込みシステム

シリーズ

 

特徴

 KIT付き
 ビギナ
 実習

キーワード

 IoT
 センサ
 ソフトウェア
 ネットワーク
 マイコン
 開発手法
 制御

セミナ事務局からのお知らせ

・PDFファイルによるテキストの提供について(2021/8/20更新).

・新型コロナウイルス感染症対策について(2020/7/21更新).

・オンラインセミナを始めました(2020/5/21).

キャンセルの規定が変わりました(2020/2/21).