実習・発振回路、PLL回路、FM送信回路の設計 基礎の基礎 [アナログ基本回路入門シリーズ2]

実習・発振回路、PLL回路、FM送信回路の設計 基礎の基礎 [アナログ基本回路入門シリーズ2]
―― 回路基板と測定器を使って実験しながらじっくり学ぶ。回路基板持ち帰り可!

  

【開催日】2020年11月5日(木) ~ 2020年11月6日(金) 10:00-17:00 2日コース
【セミナNo.】ES20-0107  【受講料】39,000円(税込)
【会場】東京・巣鴨 CQ出版社2Fセミナ・ルーム [地図]
セミナ会場

 本セミナでは、基本となるアナログ回路として発振回路、PLL回路、FMワイヤレス・マイク回路を取り上げ、実験を交えながら回路の構成と動作原理を入門者向けにやさしく解説する。
 講義と並行して、受講者自身が回路基板と測定器を使いながら動作や特性を確認する実験を行う。実験に使用したトレーニング基板は持ち帰ることができる。

※本セミナでは、簡単な半田付けを行います。

※本セミナは、以前開催していた「実習・発振回路,PLL回路,FM回路の構成と動作原理 [アナログ基本回路入門シリーズ2,2日コース,教材基板付き]」の名称を変更したものです。

●対象聴講者
・OPアンプやLCR部品の基本を理解している方
・アナログ回路を、コピーではなく、動作原理を理解した上で設計したい方
・フィルタやPLLなどの実用回路を設計したい方
・回路構成や素子による特性の違いを実験で確認したい方
・実験用電源やマルチメータなどの基本的な測定器を操作できる方

●内容
1 LC発振回路
 1.1 動作原理と発振波形の確認
 1.2 水晶振動子の使い方と波形確認

2 PLL(Phase-locked Loop)回路
 2.1 仕組みと動作原理、各ブロックの回路構成
 2.2 4066 ICによる実験
 2.3 PLLを使ったモータ制御の実演

3 FMワイヤレス・マイク
 3.1 FMワイヤレス・マイク用空心コイルの作成
 3.2 半田付け実装とオンエア実験

※以下の3種類のトレーニング用の回路基板を使って実験を行います。基板は講義終了後お持ち帰りいただき、復習などに役立てることができます。
・発振回路基板
・PLL回路基板
・FMワイヤレス・マイク回路基板

使用する教材基板
使用する教材基板(左:PLL回路基板、右上:発振回路基板、右下:FMワイヤレス・マイク回路基板)


【受講者が持参するもの】
筆記用具

【講師】
梅前 尚 氏〔ピー・エス・エンジニアリング株式会社 代表取締役〕
 1985年田淵電機入社。AV関連機器の組込用電源やビデオカメラ用充電器など電源回路設計開発に従事。住宅用太陽光発電システムのパワー・コンディショナ開発にも携わる。2002年よりタムラ製作所にて、DVDプレーヤ・レコーダなどの機器組込用電源設計に従事。 2007年にピー・エス・エンジニアリングを設立。電源の設計・開発や技術支援,トランジスタ技術誌の原稿執筆などを行う。


参加申し込み

このセミナに参加する

Webからのお申し込み

  以下の「参加申し込み」ボタンをクリックしてください.参加申し込みフォームを開きます.

参加申し込み

FAXやE-mailでのお申し込み

  Webの参加申し込みフォーム以外の申し込み方法をご希望の方は こちらのページ をご確認ください.

このセミナのタグ情報
各タグをクリックすると,類似するセミナの一覧を表示します.

コース

 2日コース

カテゴリ

 回路・電子部品

シリーズ

 アナログ基本回路入門シリーズ

特徴

 基板付き
 実習

キーワード

 アナログ
 電子部品

セミナ事務局からのお知らせ

・オンラインセミナを始めました(2020/5/21).

キャンセルの規定が変わりました(2020/2/21).