実習・軽量コンテナ仮想化技術Docker「超」入門【オンライン同時開催セミナ】

実習・軽量コンテナ仮想化技術Docker「超」入門【オンライン同時開催セミナ】
―― 環境構築から、Linuxイメージの立ち上げ、コンテナの作成、アプリ開発まで

   

【開催日】2020年6月20日(土) 10:00-17:00 1日コース
【セミナNo.】ES20-0036  【受講料】28,000円(税込)
【会場】東京・巣鴨 CQ出版社2Fセミナ・ルーム [地図]
セミナ会場

※本セミナはGoogle Meetを使ったオンライン同時開催セミナです。
詳細は、オンライン同時開催セミナについてを参照ください。
オンライン受講を希望される場合は、セミナ申込後、メールでご連絡ください。

 現在、仮想化技術で注目を集めているのがDockerである。従来のVMWareやVirtual Boxに比べて、ホストマシンのハードウェア資源(特にハードディスクなど)の消費量などが大きく異なるのが特徴である。
 Docker環境の様々なコマンドに慣れる必要はあるが、比較的導入が簡単で、容易にアプリケーションを実行できる環境を整えることができる。
 講師自身はFPGA SoCの開発環境において、特定のOS(具体的にはUbuntu 16.04)上でしか動作しない開発環境をどうしても使用する必要があり(しかし、その環境を使用するのは1年に1回くらい)、そのためにだけ、それ専用のホストマシンを用意していた。ある時、Docker環境を使うことで、前記のホストマシン環境をわざわざ用意する必要がなくなり、また開発環境の移行なども比較的容易になった。
 本セミナでは、このような実作業における体験談なども交えて、実際にDocker環境を構築し、実習を通してDockerの利点を体験する。

●対象聴講者
・仮想化技術に興味のある方
・VMWareやVirtual Boxを使用していて不便を感じている方
・開発環境やテスト環境でLinux環境などを構築するのに困っている方

●講演の目標
・VMWare、Virtual BoxとDockerの違いが理解できるようになる
・Docker環境を構築できるようになる
・Docker環境を使用して作成したアプリケーションのテストが行えるようになる

●内容
1. Docker概要
 現状の仮想化技術
 VMware、Virtual Boxとの仮想化の違い

2. 基本的なDockerコマンド
 pull、run、exec
 実習1 Linuxのイメージを持ってきて立ち上げてみる

3.Dockerを用いた簡単なアプリ開発
 hello-wrold
 httpd
 その他
 実習2 ソースを作成して実行してみる

4. 便利なDockerコマンド紹介
 ファイルの転送
 ファイルのマウント
 その他
 Dockerfileの使い方
 実習3 Dockerfileによるコンテナの作成(できれば実習2を応用)

5. 複数のコンテナの利用
 コンテナ間通信
 Docker Compose
 実習4 複数のコンテナを作成して通信を行う

6. 総合実習
 アプリ開発に挑戦
 受講者による簡単な発表


【受講者が持参するもの】
・セミナ会場で受講される方:不要
※自分のノートPCを使いたい方は持ち込みも可能です。対応OSは、Windows 10 Pro(64bit)、またはWindows 10 Home(64bit)です。
・オンラインで受講される方:ノートPC(対応OS:Windows 10 Pro(64bit)、またはWindows 10 Home(64bit))

【講師】
鳥海 佳孝 氏〔 設計アナリスト 〕
 日本電気(株)、エクセレント・デザイン(株)を経て個人事業主として独立。主にLSI/FPGA、組込みLinuxの設計開発・コンサルティングの業務を展開、各種技術セミナーの講師・職業訓練校の講師を務める。


このセミナの参加募集について

 募集は終了いたしました 


類似するセミナをお探しの場合
以下にある「このセミナのタグ情報」の中から,ご希望のタグをお選び下さい. お選びいただいたセミナと同じタグ情報を持つセミナを一覧表示します.

このセミナのタグ情報
各タグをクリックすると,類似するセミナの一覧を表示します.

コース

 1日コース

カテゴリ

 組み込みシステム

シリーズ

 

特徴

 オンライン同時開催セミナ
 ビギナ
 実習

キーワード

 FPGA
 Linux
 SoC
 オープン・ソース
 コンピュータ
 ソフトウェア
 開発環境

セミナ事務局からのお知らせ

・オンラインセミナを始めました(2020/5/21).

キャンセルの規定が変わりました(2020/2/21).