宇宙ロケット搭載アビオニクスの製作[講師による実験実演付き]

宇宙ロケット搭載アビオニクスの製作[講師による実験実演付き]
―― 実機を飛ばす前に統合検証する手法とその実演

  

【開催日】2019年3月15日(金) 10:00-17:00 1日コース
【セミナNo.】ES18-0172  【受講料】18,000円(税込) /学生料金14,000円(税込)
【会場】東京・巣鴨 CQ出版社2Fセミナ・ルーム [地図]
セミナ会場

宇宙ロケットのアビオニクス(制御用エレクトロニクス系)は本番フライトが最終的なテスト機会になってしまうものの,フライトには大きなリスクが伴うため,事前にできる限りの検証を済ませる必要がある.上位は物理現象を扱うフライト設計から,下位は実機メカとの統合実装までが検証対象となるため,IoTなど電子情報系単独システムの場合と比べても,ずっと幅広いレイヤが設計・検証の対象となる.クリティカルなメカトロニクス系の典型例として,検証スキームの組み立て方が鍵となるので,実演を含めて紹介する.

1.クリティカル・システムとしての宇宙ロケット
  多くのメカや電子装置が搭載され,さまざまな技術分野の知識が使われる複合システムのしての宇宙ロケットを紹介する.

2.宇宙ロケット用アビオニクスに求められる機能と実物のデモ
  ロケットに搭載されるコンピュータ,センサ,アクチュエータとその連携動作について,実際に搭載される基板の実演も交えて紹介する.実物の回路図や搭載ソフトについても紹介する.

3.宇宙ロケットの設計階層
  宇宙ロケットは,電子情報系だけのシステムよりも幅広い設計対象を含んでいる.その階層構造や,電子情報系よりも上位・下位のレイヤを検証するうえでの課題・最新状況などを紹介する.

4.各レイヤの検証手法とその実演
  軌道設計や姿勢制御設計など,各設計レイヤに対する検証手法や検証環境を,MATLABによる実演なども含めて紹介する.実機との連携機構に代表される,検証環境の実際の作り方についても紹介する.

●本セミナ関連URL
トランジスタ技術2019年1月号
特集 物理大実験!宇宙ロケットの製作 特設ページ
-- https://toragi.cqpub.co.jp/tabid/881/Default.aspx


【受講者が持参するもの】
不要

【講師】
森岡 澄夫 氏〔インターステラ・テクノロジズ株式会社 Senior Computer Engineer,博士(工学)〕
 回路設計エンジニア.NTT, IBM, Sony, NECにおいて誤り訂正,セキュリティ,画像処理などの高性能IP回路の研究と,製品用SoCへの組み込みに従事.


このセミナの参加募集について

 募集は終了いたしました 


類似するセミナをお探しの場合
以下にある「このセミナのタグ情報」の中から,ご希望のタグをお選び下さい. お選びいただいたセミナと同じタグ情報を持つセミナを一覧表示します.

このセミナのタグ情報
各タグをクリックすると,類似するセミナの一覧を表示します.

コース

 1日コース

カテゴリ

 回路・電子部品
 組み込みシステム

シリーズ

 

特徴

 学割
 講師実演

キーワード

 コンピュータ
 シミュレータ
 センサ
 ソフトウェア
 テスト
 計測
 研究開発
 制御
 通信
 品質管理

セミナ事務局からのお知らせ

・受講料割引券として使えるメンバーズ・カードの利用規約が変わりました.