実習・木製電動キット・カート「琵琶」の図面を読み,組み立て,乗ってみよう

実習・木製電動キット・カート「琵琶」の図面を読み,組み立て,乗ってみよう
―― 組み立て・調整・ソフト開発&試乗体験

  

【開催日】2018年5月20日(日) 10:00-17:00 1日コース
【セミナNo.】ES18-0046  【受講料】4,000円(税込)
【会場】東京・巣鴨 CQ出版社セミナ・ルーム [地図]
セミナ会場

 今春発売予定の木製電動キットカート「琵琶」は,ボディが木製合板でできた,1人乗りの電動(EV)カート.図面を読み解いて部品を組み立てながら,機械やモノづくりの基礎,自動車の基本構造が学べます.本セミナは木製電動キットカート「琵琶」を購入または購入を検討されている方,ミニカートレースに参加してみたいという方のためのガイダンス・セミナです. 実際に組み立てを体験してもらい,完成後は少しだけ乗ってもらいます.
本セミナ受講者は,6月,10月開催予定の「CQミニカートレース」に木製カートのチームメンバーとして参加可能です.
 また,木製電動キットカート「琵琶」は,CQ EV ミニカートと互換性があり,CQ EV ミニカートに使用するタイヤおよび「CQブラシレス・モータ&インバータ・キット」がそのまま使えます.

1.木製電動キットカート「琵琶」の概要
2.各部品の解説
3.図面の読み方
  (製図規則,部品図,組立図)
4.木製電動キットカート「琵琶」の組み立て解説,実習
  (半完成の車体を使って組立実習をします)
  4.1 木製パネルの塗装方法
  4.2 木製パネルの組立て
  4.3 フロント足回り,ステアリングの取り付け
  4.4 リア足回り,モータの取り付け
  4.5 アライメント・ブレーキの調整方法
5.試走/試乗 (雨天の場合はできないことがあります)

実習で組み立てる木製電動キット・カート「琵琶」完成車
実習で組み立てる木製電動キット・カート「琵琶」完成車

組み立てる前のキット・パーツ群
組み立てる前のキット・パーツ群

アレン・キーで組み立て中のボディ
アレン・キーで組み立て中のボディ

フロント足回りを組み立てるようす
フロント足回りを組み立てるようす

●対象聴講者
・木製電動キットカートを購入または購入を予定されている方
・木製電動キットカートに興味のある方
・木製電動キットカートを教材として使ってみたい方
・モノづくりに興味のある方
・ミニカートの自作を考えている方
・すでにCQ EVミニカートをお持ちの方

●講演の目標
・木製電動キットカートの設計図を通じて図面の読み方を理解できる
・木製電動キットカートの組立てのコツを理解できる
・木製電動キットカートの木製ボディの乗り味を体感できる

●参考文献およびURL
・MOTORエレクトロニクスNo.2~9;『「エレキ系エンジニアのためのEV構造設計入門」,「木製カートの開発ストーリ」』,CQ出版社.
・ライト・モビリティ設計HP;『BIWA/琵琶 設計データ


【受講者が持参するもの】
・作業しやすい服装
・筆記用具

【講師】
水嶋 徹 氏〔ライト・モビリティ設計 代表, トヨタ東京自動車大学校 スマートモビリティ科 非常勤講師 〕
 1970年東京生まれ.1993年慶応義塾大学卒.1995年桑沢デザイン研究所プロダクトデザインコース卒.航空宇宙関連の設計開発に従事の後,2012年ライト・モビリティ設計(旧CCC車両設計)設立 小型モビリティ,EVをはじめとするさまざまな機械設計のほか,専門学校で設計,CADの講師を務めている.


このセミナの参加募集について

 募集は終了いたしました 


類似するセミナをお探しの場合
以下にある「このセミナのタグ情報」の中から,ご希望のタグをお選び下さい. お選びいただいたセミナと同じタグ情報を持つセミナを一覧表示します.

このセミナのタグ情報
各タグをクリックすると,類似するセミナの一覧を表示します.

コース

 1日コース

カテゴリ

 電気自動車(EV)

シリーズ

 つくるEV技術シリーズ

特徴

 ビギナ
 実習

キーワード

 ソフトウェア
 技術教育
 自動車
 電子工作

セミナ事務局からのお知らせ

・受講料割引券として使えるメンバーズ・カードの利用規約が変わりました.