実習・第3回スイッチング・コンバータのフィードバック設計

実習・第3回スイッチング・コンバータのフィードバック設計
―― ディジタル制御にも挑戦してみよう!

  

【開催日】2018年1月26日(金) 10:00-17:30 1日コース
【セミナNo.】ES17-0138  【受講料】30,000円(税込)
【会場】東京・巣鴨 CQ出版社セミナ・ルーム [地図]
セミナ会場

 一般にDC-DCコンバータの技術的な話は,パワー回路のみ議論されています.このセミナでは出力電圧を安定化するネガティブ・フィードバックの部分に注目します.第1回~第3回に渡って,DC-DCコンバータの安定性や負荷変動時など応答性能,ネガティブ・フィードバック部分の設計方法などを解説します.また近年主流となっているディジタル制御についても解説します.
 過去は,ネガティブ・フィードバックをOPアンプなどのアナログ・デバイスで実現する事例が多かったようです.近年パワー・エレクトロニクス用途のマイコン,FPGAなどディジタル・デバイスが発売され,そうしたディジタル・デバイスを制御に用いてLED照明などにスイッチング・コンバータの用途が広がっています.第3回目は,そうした経緯を含めて今度のネガティブ・フィードバックの問題点,あり方を検討してみましょう.

セミナ受講者だけの特別特典!
★特典・・・同講師によるセミナ「スイッチング・コンバータのフィードバック設計」を第1回~第3回まで同時にお申込みいただいた方は,受講費用を10%割引きいたします.

9章 キャパシタのESR,無駄時間など
   ネガティブ・フィードバックに影響を及ぼすキャパシタのESR,無駄時間について解説します.

10章 パワーステージのシステム同定
   ネガティブ・フィードバックをかけるスイッチングコンバータの伝達関数を検討します.

11章 高速応答を実現するクリティカル・インダクタンス
   ネガティブ・フィードバックだけでは実現できない高速応答について考察します.

12章 アナログ制御からディジタル制御へ
   OPアンプを使ったアナログ制御からマイコンなど,ディジタルデバイスを使った制御について解説します.

13章 制御アルゴリズムを探る
   今まで実現していない制御方式など,今後を展望します.



●受講対象者

 DC-DCコンバータを開発設計して,発振に悩まされた経験がある人に

●講演の目標

 第3回目はマイコン,FPGAなどを使ったディジタル・デバイスによるネガティブ・フィードバック回路を設計できるようになることを目標とします.

●講演の参考文献,参考URL

シミュレーションで学ぶ自動制御技術入門 広井 和男/宮田 朗 共著 (http://www.cqpub.co.jp/hanbai/books/37/37131.htm)
自動制御について,あらかじめ予習をしておくとよいでしょう.

シミュレーションで学ぶ自動制御技術入門
シミュレーションで学ぶ自動制御技術入門


【受講者が持参するもの】
・20cm定規
・関数電卓
・筆記用具

【講師】
瀬川 毅 氏〔株式会社インパルス 代表取締役〕
 工学博士   電子通信情報学会 システム制御学会 IEEE 各学会正会員   通信用高周波機器,大型コンピュータ用スイッチングコンバータ,人工衛星用スイッチングコンバータ,地震計などのの開発に従事  近年は,モーター用サーボアンプ,非線形制御システムなどの開発に従事


このセミナの参加募集について

 募集は終了いたしました 


類似するセミナをお探しの場合
以下にある「このセミナのタグ情報」の中から,ご希望のタグをお選び下さい. お選びいただいたセミナと同じタグ情報を持つセミナを一覧表示します.

このセミナのタグ情報
各タグをクリックすると,類似するセミナの一覧を表示します.

コース

 1日コース

カテゴリ

 回路・電子部品
 組み込みシステム

シリーズ

 

特徴

 演習あり
 実習

キーワード

 アナログ
 インターフェース
 コンピュータ
 ソフトウェア
 ディジタル信号処理
 開発手法
 技術教育
 研究開発
 制御
 電源

セミナ事務局からのお知らせ

エレクトロニクス・セミナ大阪開催はじまります