実習・省エネ制御に有効なエネルギー・ハーベスト技術の基礎 [教材キット付き]

実習・省エネ制御に有効なエネルギー・ハーベスト技術の基礎 [教材キット付き]
―― EnOceanバッテリレス無線通信の原理,プロトコルからファームウェア開発まで

   

【開催日】2015年5月19日(火) 10:00-17:00 1日コース
【セミナNo.】ES15-0036  【受講料】60,000円(税込)
【会場】東京・巣鴨 CQ出版社セミナ・ルーム [地図]
セミナ会場

 エネルギー・ハーベストのISO/IEC標準規格EnOcean無線通信技術は,日本では2014年から928MHz帯が割り当てられて急激に普及し始めている.チップレベルで電波法工事設計認証を取得して,1mW出力で100m以上のバッテリレス無線送信が可能である.EnOceanの日本向け製品シリーズDolphinV4では無線チップやライブラリ,ツールが従来から一新され,より開発し易くなっている.
 本セミナではEnOcean製評価キットをEDK400Jを使用して,EnOcean無線通信技術の基礎からキットの取り扱い方法,クラウド接続の応用事例についてまでを学習する.

※ 評価キット(EDK400J)は講義終了後お持ち帰りいただき,復習などに役立てることができます.
※ 評価キット(EDK400J)を既にお持ちで講義の際にご持参いただける方には,受講料 26000円(税込)でご受講いただけます.お申し込み後,事務局までその旨をお知らせください.

1.EnOcean技術入門
 1.1 EnOcean技術概要
 1.2 EnOcean製品解説(送受信モジュール,ソフトウェア,プロトコル)
 1.3 評価キット解説
2.EnOcean技術の使い方,使いこなす勘所
 2.1 評価キットを使った実習
 2.2 開発ツール実習(Dolphin Suitesの使用方法,ファームウェア設定,ツールの使い方)
 2.3 ソフトウェア開発実習(ファームウェアの更新,カスタム・ファームウェア開発)
3.応用事例解説
 3.1 マイコンとの接続(mbed, Linux, .NET Micro Framework)
 3.2 クラウドとの接続(Microsoft Azure)

本セミナで使用する評価キット「EDK400J」
本セミナで使用する評価キット「EDK400J」
評価キットに含まれるボード類
評価キットに含まれるボード類

●対象聴講者
・エネルギー・ハーベスト技術や低消費電力無線通信,EnOcean技術に興味がある技術者,研究者.

●講演の目標
・EnOcean技術を理解し,評価キットを使いこなせるようになる
・EnOcean応用製品の開発に必要な基礎知識を習得できる

●参考文献
・EnOceanの日本語Webサイト,https://www.enocean.com/jp/home/
・EnOcean Allianceの日本語Webサイト,https://www.enocean-alliance.org/jp/home/
・懸田 信行;「環境発電(エネルギー・ハーベスト)を利用したシステム開発 ―― ワイヤレスとバッテリレスを組み合わせてビル設備のエネルギー消費を大幅削減」,http://www.kumikomi.net/archives/2010/09/ep28kank.php


【受講者が持参するもの】
不要

【講師】
日高 亜友 氏〔(株)デバイスドライバーズ 代表取締役〕
 1984年,富士ゼロックス入社後,組み込みシステム,ネットワーク,データベース,画像処理システムの開発に従事.1999年に独立して株式会社デバイスドライバーズを設立.2006年以降,Microsoft MVPを毎年受賞.


このセミナの参加募集について

 募集は終了いたしました 


類似するセミナをお探しの場合
以下にある「このセミナのタグ情報」の中から,ご希望のタグをお選び下さい. お選びいただいたセミナと同じタグ情報を持つセミナを一覧表示します.

このセミナのタグ情報
各タグをクリックすると,類似するセミナの一覧を表示します.

コース

 1日コース

カテゴリ

 回路・電子部品
 組み込みシステム

シリーズ

 

特徴

 KIT付き
 演習あり
 実習

キーワード

 Linux
 エコロジ
 クラウド
 センサ
 ソフトウェア
 ボード
 開発環境
 消費電力
 通信

セミナ事務局からのお知らせ
 

最新のお知らせ