実習・外伝!高機能小型マイコン完全使い倒し

実習・外伝!高機能小型マイコン完全使い倒し
―― フリースケールKinetis Lシリーズ・マイコン実戦マスター!

   

【開催日】2015年7月19日(日) 13:00-18:00 半日コース
【セミナNo.】ES15-0027  【受講料】18,000円(税込)
【会場】東京・巣鴨 CQ出版社セミナ・ルーム [地図]
セミナ会場

 最近の組み込み機器開発において,ARM社のCortexシリーズMPUが幅広い用途で適用されている.最新のFPGAにも搭載されているAシリーズのような超高性能なコアもあるが,PICマイコン並みにローコストでありながら,多彩なペリフェラルや内蔵クロックを搭載して高機能なCortex-M0コア・ベース・マイコンは,使ってみると非常に便利である.反面,開発環境構築やチュートリアル等の情報がまだ少なく,事始めで若干ハードが高いことも否めない.
 本講座では,講師が実業務(イメージャモジュール開発)での経験をもとに,フリースケール社Kinetis Lシリーズ・マイコンの実戦的な活用方法やツボを実習を通して紹介・説明する.

1.基礎編
 1.1 Kinetis Lシリーズ・アーキテクチャ
 1.2 開発ツール
 1.3 ライブラリ
 1.4 OpenSDA
 1.5 ターゲット・ボード
2.実践編(受講者実習)
 2.1 ツールインストール・ライブラリセットアップ
 2.2 ボードファームウェア・アップデート
 2.3 ブートローダ・モードでのサンプルアプリ実行
 2.4 ユーザ・プログラムのビルド・デバッグ
3.拡張編
 3.1 適用事例(I2C-SPIブリッジ処理)紹介(デモ)
 3.2 リファレンス・ボードからカスタム・システムへの移行
 3.3 カスタム・ターゲットシステムのデバッガ・インターフェース
   (J-LINK相当)としてのリファレンスボードの改造
 3.4 シリアル・エミュレータ(UART-USB変換器)としての使用
4.まとめ&質疑応答

※進行状況により内容が一部変更となることがあります.

●対象聴講者
・小型組み込み機器を開発されている方
・PICマイコンでは物足りない方
・Kinetisマイコンの設計導入・採用を検討されている方
 (C言語の基本的な知識・プログラミング経験推奨)

●講演の目標
・すぐに開発業務にとりかかれる環境が構築できる
・最新小型マイコンの活用方法の勘所を習得できる
・Kinetisマイコンの初期設定方法・APIライブラリの使用法を理解できる

本セミナで使用するボードと講師が実務向けに改造したボード
本セミナで使用するボード(写真左)と講師が実務向けに改造したボード(写真右)


【受講者が持参するもの】
・開発用ノートパソコン(インストール希望者のみ).推奨スペックは別途公開いたします.詳細は申込時に確認してください.

【講師】
早乙女 勝昭 氏〔アドバンスド・テクノロジー・リサーチ・ジャパン合同会社 President & CXO 〕
 FPGAエバンジェリスト.FPGAマガジン#6,#10特集記事執筆.


このセミナの参加募集について

 募集は終了いたしました 


類似するセミナをお探しの場合
以下にある「このセミナのタグ情報」の中から,ご希望のタグをお選び下さい. お選びいただいたセミナと同じタグ情報を持つセミナを一覧表示します.

このセミナのタグ情報
各タグをクリックすると,類似するセミナの一覧を表示します.

コース

 半日コース

カテゴリ

 回路・電子部品
 組み込みシステム

シリーズ

 

特徴

 基板付き
 講師実演
 実習

キーワード

 CPU
 コンピュータ
 ソフトウェア
 ボード
 開発環境
 開発手法

セミナ事務局からのお知らせ