実習・Node-RED x Raspberry Piでチャレンジ!IoT電子工作

実習・Node-RED x Raspberry Piでチャレンジ!IoT電子工作
―― ハードウェア制御付きネット対応アプリを簡単構築

   

【開催日】2021年12月5日(日) 10:00-17:00 1日コース
【セミナNo.】ES21-0120  【受講料】30,000円(税込)
【会場】東京・巣鴨 CQ出版社2Fセミナ・ルーム [地図]
セミナ会場

 ネットワークアプリを手軽に素早く開発できるNode-REDは,注目の開発ツールである.本セミナでは,Node-REDを使って電子工作を楽しむ方法を実習形式で解説する.
 Raspberry Piに簡単なハードウェアを追加した環境を使い,Node-REDのノードと簡単なプログラム作成だけで実習する.
 基本のGPIOの制御,PWM制御,ネットワークを使ったアプリ応用など多くの要素を実習する.

※実習内容に半田付けはありません.

●対象聴講者
・Node-REDとはどんなものかを知りたい方
・Node-REDを実際に使ってみたい方
・Node-REDでどんな電子工作ができるかを知りたい方

●講演の目標
・Node-REDの使い方を習得する
・Node-REDでかなり高度な電子工作が簡単にできることを体感する
・Raspberry Piの使い方を習得する

●内容
1. Node-REDの概要
  機能と基本ノードや用語の解説

2. 実習1 Raspberry PiとGPIOの制御
  Raspberry Piとハード,ソフトの説明
  フローの作成方法,LED点滅

3.実習2 Dashboardの使い方1
  パレットの管理,レイアウト設定
  ボタン,スライダの使い方

4. 実習3 Dashboardの使い方2
  センサとの接続とグラフ作成

5. 実習4 ネットワークとアプリの応用1
  インターネットラジオ

6. 実習5 ネットワークとアプリの応用2
  時刻と気象情報の読み上げ

RF-code
実習環境の外観.Raspberry Pi上のボードは持ち帰りできます

RF-code
インターネットラジオのフロー


【受講者が持参するもの】
・Raspberry Pi(ケースは不要)
 3B,3B+,4Bのいずれか.4Bの場合,放熱器取付済みであること.
・Raspberry Pi用電源(ACアダプタ)
・Raspberry Pi用イヤホン
※OSを書き込んだmicroSDカードは事務局で用意します.

【講師】
後閑 哲也 氏〔有限会社 マイクロチップ・デザインラボ 代表〕
 1971年に東北大学卒業後,大手通信機メーカにて各種の制御装置を開発.2003年有限会社マイクロチップ・デザインラボを設立.マイコンや計測制御システムの開発コンサルタント,セミナ講師,非常勤講師,書籍執筆などを継続


参加申し込み

このセミナに参加する

Webからのお申し込み

  以下の「参加申し込み」ボタンをクリックしてください.参加申し込みフォームを開きます.

参加申し込み

FAXやE-mailでのお申し込み

  Webの参加申し込みフォーム以外の申し込み方法をご希望の方は こちらのページ をご確認ください.

このセミナのタグ情報
各タグをクリックすると,類似するセミナの一覧を表示します.

コース

 1日コース

カテゴリ

 組み込みシステム

シリーズ

 

特徴

 KIT付き
 ビギナ
 実習

キーワード

 IoT
 センサ
 ソフトウェア
 ネットワーク
 マイコン
 開発手法
 制御

セミナ事務局からのお知らせ

・PDFファイルによるテキストの提供について(2021/8/20更新).

・新型コロナウイルス感染症対策について(2020/7/21更新).

・オンラインセミナを始めました(2020/5/21).

キャンセルの規定が変わりました(2020/2/21).