実習・車載ネットワークCAN入門【オンライン同時開催セミナ】

実習・車載ネットワークCAN入門【オンライン同時開催セミナ】
―― プロトコル、物理層仕様の理解とシステム構築のための基礎知識

   

【開催日】2020年11月26日(木) 10:00-17:00 1日コース
【セミナNo.】ES20-0112  【受講料】30,000円(税込)
【会場】東京・巣鴨 CQ出版社2Fセミナ・ルーム [地図]
セミナ会場

※本セミナはGoogle Meetを使ったオンライン同時開催セミナです。
オンライン受講の申込締切は11月18日です。11月19日以降の申込は会場受講のみとなります。
オンライン受講を希望される場合は、セミナ申込後、メールでご連絡ください。
詳細は、オンライン同時開催セミナについてを参照ください。

※本セミナにおける会場での受講とオンラインでの受講の違い
・実習はできません:カメラ撮影による会場での実習を見るだけとなります。
・受講料は28,000円(税込み):会場での受講料の2,000円引きとなります。


 本講座では、車載ネットワークの中でメインで使われているCAN通信について、プロトコル仕様、物理層仕様を解説する。そして、実機を使う演習により、座学で学んだ内容の理解をより深めるようにしている。
 講座の後半には、CANでは限界がきているネットワークへのソリューションとして期待されているCAN FDや、車載ネットワークのローカル通信として普及しているLINについてもCANと比較しながら特徴を説明する。
 本講座を通じて、CANのいろはや車載ネットワークの役割を理解することを目標とする。

※ 実習で使用するパソコンおよび、測定器はCQ出版社が用意します。

●対象聴講者
・これからCAN通信を学びたい方
・これからCANを使う方
・車載ネットワークに興味がある方

●講演の目標
・CANプロトコルを理解できる
・CAN波形の見方が分かる
・CANを使ったシステムを構築する際に必要な事が分かる

●内容
1. CANプロトコル
 1.1 CANとは?
 1.2 CANプロトコル説明(ISO11898-1)

2. CAN物理層
 2.1 CAN通信 回路部品
 2.2 CAN物理層説明(ISO11898-2,3)
 2.3 CANの異常現象(リンギング,なまり)

3. CAN波形解析(実習)
 3.1 CAN波形をオシロで解析

4. CAN物理層 (実習)
 4.1 CANバス抵抗値測定
 4.2 リンギング/なまり波形の確認

5. CAN FD/LIN
 5.1 CAN FD,LINの概要をCANと比較して説明

CAN通信実習環境
CAN通信実習環境


【受講者が持参するもの】
・不要

【講師】
藤澤 行雄 氏〔株式会社ネットワークマスタ 代表,車載LAN技術 応用コンサルタント〕
 1996年より三菱電機(現ルネサスエレクトロニクス)にて,CANを皮切りに車載通信プロトコル(J1850,TTCAN,LIN,FlexRay,TTP,Ethernet)用デバイスの開発および応用技術開発を担当.JasParやFlexRayコンソーシアムなどの国内外の車載ネットワークの標準化団体の仕様策定委員として参画し,主にデータリンク層と物理層の仕様策定に寄与.AutoSarのソフトプラットフォーム導入推進をするために,ソフト処理負荷の重いBSW部のハード化検討なども実施.2016年退職後, 現在の会社にて車載ネットワーク技術コンサル業務を開始.「経済産業省(JARI)平成29年度高度な自動走行システムシステムの社会実装に向けた研究開発」で開発したセキュリテイ・テストベッドのネットワークアーキテクチャ設計を担当.


このセミナの参加募集について

 募集は終了いたしました 


類似するセミナをお探しの場合
以下にある「このセミナのタグ情報」の中から,ご希望のタグをお選び下さい. お選びいただいたセミナと同じタグ情報を持つセミナを一覧表示します.

このセミナのタグ情報
各タグをクリックすると,類似するセミナの一覧を表示します.

コース

 1日コース

カテゴリ

 組み込みシステム
 電気自動車(EV)

シリーズ

 

特徴

 オンライン同時開催セミナ
 演習あり
 実習

キーワード

 インターフェース
 センサ
 ソフトウェア
 ネットワーク
 計測
 研究開発
 自動車
 制御
 通信

セミナ事務局からのお知らせ

・オンラインセミナを始めました(2020/5/21).

キャンセルの規定が変わりました(2020/2/21).