スイッチング電源トランス&コイル設計

スイッチング電源トランス&コイル設計
―― コアの選択から各種トランス&コイルの定数の計算まで


【開催日】2018年9月5日(水) 10:00-17:00 1日コース
【セミナNo.】ES18-0084  【受講料】18,000円(税込)
【会場】東京・巣鴨 CQ出版社セミナ・ルーム [地図]
セミナ会場

 電源回路の中でもとりわけスイッチング電源においては,コイルやトランスの設計が特性に大きな影響を与える.そればかりではなく,一つ間違えると安全性や信頼性にも多大な影響を与え,重大な障害が発生することが多々ある.本セミナでは,電源回路用トランスおよびコイルの設計について,まず,インダクティブ・デバイスであるコイルとトランスの基礎について述べた後,いくつかのタイプのコアの選択方法,コイルの設計方法,トランスの設計方法,およびその定数の計算について説明する.

1.インダクティブ・デバイスとは
 1.1 コイルとは
 1.2 トランスとは
2.コアの選択方法
 2.1 平滑用コイル
 2.2 ノイズ・フィルタ用コイル
 2.3 トランス用コア
3.コイルの設計方法
 3.1 平滑用コイルのインダクタンスと直流重畳
 3.2 コモン・モード・チョークの設計
 3.3 その他のコイル
4.トランスの設計方法
 4.1 フォワード・コンバータ
 4.2 フライバック・コンバータ
 4.3 その他のトランス

●対象聴講者
・電源回路設計者の方
・内製にて電源回路の設計に携わっている技術者の方
・電源装置の評価試験を担当者している方

●講演の目標
・電源回路用トランスおよびコイルの材料の最適な選択や定数の求め方を習得できる


【講師】
戸川 治朗 氏〔戸川技術研究所 所長〕
 1973年,新潟大学電気工学科卒業後,長野日本無線,サンケン電気,岩崎通信機で高効率・低雑音スイッチング電源の開発に従事.1993年,戸川技術研究所を設立,現在に至る.


参加申し込み

このセミナに参加する

Webからのお申し込み

  以下の「参加申し込み」ボタンをクリックしてください.参加申し込みフォームを開きます.

参加申し込み

FAXやE-mailでのお申し込み

  Webの参加申し込みフォーム以外の申し込み方法をご希望の方は こちらのページ をご確認ください.

このセミナのタグ情報
各タグをクリックすると,類似するセミナの一覧を表示します.

コース

 1日コース

カテゴリ

 回路・電子部品

シリーズ

 

特徴

 

キーワード

 研究開発
 消費電力
 電源
 電子部品
 品質管理

セミナ事務局からのお知らせ

・受講料割引券として使えるメンバーズ・カードの利用規約が変わりました.