実習・IoT時代の基板設計&電磁界シミュレータ活用法

実習・IoT時代の基板設計&電磁界シミュレータ活用法
―― 高速・高周波信号の振る舞いから,アナログ・ディジタル混在パターン設計までを理解する

   

【開催日】2017年11月28日(火) 10:00-17:00 1日コース
【セミナNo.】ES17-0147  【受講料】23,000円(税込)
【会場】東京・巣鴨 CQ出版社セミナ・ルーム [地図]
セミナ会場

 低周波信号とMHz程度以上の電気信号とでは,信号が通る場所が異なってくる.従来は高速・高周波信号が実際にどこを通るのか,わからないままパターン設計されている場合がほとんどである.IoT時代には数GHzの信号が混在した基板設計が求められている.
 本セミナでは,3D電磁界シミュレータを活用することで,高速・高周波信号の振る舞いを理解できる.それを元に高速・高周波信号のパターン設計や,アナログ・ディジタル混在パターン設計が,的確に行うことができるようになる.

1.電気信号の動作
 1.1 直流電流は非常に遅い
 1.2 電気信号は光速で伝わる電磁波
 1.3 低周波信号の動作の実態
2.線路パターンの特性インピーダンスとは(フリーRFシミュレータQucs・PC実習)
 2.1 電気信号がパターンを進む時の電流と電圧(特性インピーダンス)
 2.2 線路の特性インピ―ダンスと反射(スミスチャート,SパラメータをQucsで表示)
 2.3 低周波と高周波/高速電気信号が同じ所を通らない理由
3.電気信号は3Dでとらえる(EEM-FDM無期限評価版・PC実習)
 3.1 3D電磁界シミュレータは基板設計に欠かせなくなってきている
 3.2 3D電磁界シミュレータで基板パターンを見る
 3.3 基板パターンの引き方によるノイズ差を計算する
 3.4 スリット/ビアによるノイズ差をシミュレータで見る
4.IoT用パターン・アンテナのシミュレーション(フリーソフトopenFDTD,openMOM体験)
 4.1 電磁波を強く放出させるパターン・アンテナ
 4.2 アンテナからの電磁波は周囲金属により大きく影響を受ける
 4.3 基板につないだケーブルによる電磁波放出レべルは大きい
5.ケースのシールド効果を見る(EEM-FDM無期限評価版・PC実習)
 5.1 パターン・アンテナをケースでシールドしてみる
 5.2 ケース隙間からの漏洩をみてみる
6.安定動作する回路パターン設計のポイント
 6.1 回路パターン設計のポイント
 6.2 アナログ・ディジタル混在回路パターン設計のポイント
 6.3 コモンモード・ノイズと対策
 6.4 基板用ノイズ対策回路部品と使い方

EEM-FDMにより電気信号を3Dでとらえたシミュレーション結果
EEM-FDMにより電気信号を3Dでとらえたシミュレーション結果

●対象聴講者
高速高周波回路を含む基板パターンを設計する人

●講演の目標
・3D電磁界シミュレータが使えるようになる
・高速・高周波信号の振る舞いを理解できる
・高速・高周波信号のパターン設計やアナログ・ディジタル混在パターン設計を的確に行うことができるようになる

●参考文献
・志田 晟 共著;『驚速開発! プリント基板スペシャルDVD』2017年10月号,CQ出版社.
・志田 晟 共著;『誰でもキマル! プリント基板製作DVD』2017年7月号,CQ出版社.
・志田 晟 共著;『はじめてのアンテナ・シミュレーション』RFワールドNo.39,CQ出版社,2017年7月.


【受講者が持参するもの】
不要

【講師】
志田 晟 氏〔シグナルラボ 代表〕
 理科学機器メーカで高速・高周波回路,ディジタル・アナログ混在回路の開発・設計を長年にわたり担当.立体回路内での信号の3D電磁界時間波形解析を基にした特許など,特許・実用新案多数.


このセミナの参加募集について

 募集は終了いたしました 


類似するセミナをお探しの場合
以下にある「このセミナのタグ情報」の中から,ご希望のタグをお選び下さい. お選びいただいたセミナと同じタグ情報を持つセミナを一覧表示します.

このセミナのタグ情報
各タグをクリックすると,類似するセミナの一覧を表示します.

コース

 1日コース

カテゴリ

 回路・電子部品
 基板・ノイズ

シリーズ

 

特徴

 演習あり
 講師実演
 実習

キーワード

 IoT
 シミュレータ
 ノイズ
 ボード
 開発手法
 研究開発
 高周波
 高密度実装
 電磁界

セミナ事務局からのお知らせ

・受講料割引券として使えるメンバーズ・カードの利用規約が変わりました.