リアルタイム・システムの基礎 [演習付き]

リアルタイム・システムの基礎 [演習付き]
―― 形式手法によるマルチタスクシステム設計手法

  

【開催日】2017年4月20日(木) 10:00-17:00 1日コース
【セミナNo.】ES17-0027  【受講料】17,000円(税込) /学生料金16,000円(税込)
【会場】東京・巣鴨 CQ出版社セミナ・ルーム [地図]
セミナ会場

 本セミナでは,OSを使用することで生まれるタスクの概念を説明した後で,リアルタイムOS(RTOS)が提供するリアルタイム機能を中心に,その原理と使い方について説明する.コンテキスト・スイッチング・メカニズム,排他制御,メッセージ通信などについて特定のリアルタイムOSに依存しない形で説明する.プライオリティ・インバージョンとその回避方法,割り込みハンドラとタスクとの通信方法についても具体的に説明する.リアルタイムOSはオーバヘッドでしかないという誤解を解消するために,リアルタイムOSを使用することでデッドラインを守れるようになる事例を示して,リアルタイムOSの正しい使い方を説明する.また,リアルタイムOSを使用しない場合の例として,サイクリック・エグゼクティブ・アーキテクチャとハードウェア・スレッドを使う方法も説明する.
 モデル検査ツールLTSAを使用してマルチタスクシステムにおける動作モデル構築法の説明をする.また、タイミング解析ツールCheddar等を紹介する.これらのツールを使用することでバグのない設計をする方法の説明する.

1. 組み込みシステムの特徴
2. リアルタイムOSなしの場合の問題点
3. タスクの概念・状態
4. リアルタイムOSを使いこなすポイント
5. LTSAとモデリング
6. 排他制御
7. タスク間通信
8. 割り込みハンドラとタスクの連携
9. 動的ソフトウェア・アーキテクチャとタスク設計方法

●対象聴講者
・リアルタイムOSを使い始めようとしている方
・既に使っているが,今までの使い方を見直したい方
・モデル検査等の形式手法に興味のある方、導入したい方

●講演の目標
・リアルタイムOSの原理を踏まえた上で,タスク設計ができるようになる.
・形式手法を使ったマルチタスク設計を理解できるようになる.

●参考文献
・藤倉 俊幸;『組み込みシステム開発に役立つ理論と手法』,CQ出版社,2012年4月
・藤倉 俊幸;『組み込みソフトへの数理的アプローチ』,CQ出版社,2012年4月
・藤倉 俊幸;『組み込みソフトウェアの設計&検証』,CQ出版社,1991年12月


【講師】
藤倉 俊幸 氏〔組み込みコンサルタント 〕
 リアルタイムOSメーカでITRON系OSやプロセス型OSの開発,および導入コンサルティングを行っていた.現在はタスク設計を中心に,リアルタイム・システム開発に関するコンサルティングを行っている.


参加申し込み

このセミナに参加する

Webからのお申し込み

  以下の「参加申し込み」ボタンをクリックしてください.参加申し込みフォームを開きます.

参加申し込み

FAXやE-mailでのお申し込み

  Webの参加申し込みフォーム以外の申し込み方法をご希望の方は こちらのページ をご確認ください.

過去に受講された方のコメント

  • RTOSでの設計手法全般,特に後半をメインに聞きたかった.満足した.(30代,ソフト開発エンジニア)
  • リアルタイムOSの基礎概念を聞きたかった.ぴったりでした.(20代,機器開発エンジニア)
  • タスク設計の考え方を聞きたかったが,満足できた.(20代,ソフト開発エンジニア)
このセミナのタグ情報
各タグをクリックすると,類似するセミナの一覧を表示します.

コース

 1日コース

カテゴリ

 組み込みシステム

シリーズ

 

特徴

 演習あり
 学割

キーワード

 OS
 コンピュータ
 ソフトウェア
 リアルタイム
 開発環境

セミナ事務局からのお知らせ
 

最新のお知らせ